2021年最新【愛知の方は必見】信頼のおけるおすすめの新型出生前診断(NIPT)クリニックをランキングで紹介

新型出生前診断は医師選びも重要

公開日:2020/10/01  最終更新日:2020/12/07

妊娠がわかったとき、新型出生前診断を同時に検討する方は少なくありません。多くの医療機関で検査できるようになりましたが、すべての機関が同じクオリティでサポートしているとは限らないのが現状です。そのため愛知県で新型出生前診断を検討している方は、事前にしっかりと調べてから病院を選ぶ必要があります。

極端に費用が安いところは気を付けよう

愛知県でも新型出生前診断が受けられるわけですが、問題は費用かもしれません。決して安いとはいい切れないからです。だからこそ、できるだけ安いところを利用したいと思う方は多いはずです。相場と比較して見て、極端に安いところが見つかることがあったらどうしますか。安いと助かると思って早速予約を入れたくなるかもしれません。

しかし、なぜ安いのかが問題です。医師がきちんと検査の内容や結果などの説明をしてくれなかったら逆に不安が募ってしまいます。どの医師であっても、きめ細かいサポートをしてくれるとは限りません。費用が安いと助かると思うかもしれませんが、どのようなサポート体制かまで調べておきましょう

またある程度のまとまった金額を支払う必要があるので、クレジットカードが使えるのかなども調べておくとよいです。費用を支払うタイミングなども含めて、事前に医療機関の方に問い合わせておくと安心できます。後から費用でトラブルが起こらないようにしておきましょう。

相場よりは多少安いくらいであれば、サポート体制に大きな問題がないかもしれません。費用はとても重要なポイントなので、相場とそれぞれの医療機関の費用とを照らし合わせて考えてみてください。費用が安いのには理由がある可能性も高いので、事前にしっかりと調べましょう。

どんな医師が検査をするのかを調べよう

愛知県で新型出生前診断を受けられる医療機関を調べれば、いくつも見つかるでしょう。どの医療機関でも、新型出生前診断の知識に詳しい医師が担当しているとは断言できません。女性医療に関する知識に詳しいのならば安心できますが、必ずしもそうではないこともあるからです。中には採血だけを行っている医療機関もあります。遺伝子医療の詳しい知識を持っていないとなると、検査結果が出たときもあまり詳しく説明してもらえない可能性もあります。費用が安い理由にはこのような理由もあるので、きちんと頭に入れておきましょう。

採血だけでお腹の中の赤ちゃんに染色体異常があるかないかを知ることができるため、採血しか行わないクリニックも数多くあります。結果が陰性であれば、他に検査する必要はありません。陰性の場合は結果の精度も高いので、安心して大丈夫でしょう。問題は陽性だった場合で、その後に確定検査を受けなくてはなりません。陽性の場合は精度があまり高くはないので、確定検査を受けて陰性か陽性かをはっきりとさせます。

専門的な知識が少ない医師だと、陽性が判定されてしまった場合に充分な説明を受けられない可能性があります。しかし専門的な知識を持っている医師が在籍している医療機関がほとんどです。そのため、しっかりと見極めることが重要です。

認定施設を選んだ方が安心できる

愛知で新型出生前診断を受けられる医療機関はいくつもありますが、認定施設を選ぶようにしましょう。日本産科婦人科学会の認定を受けているため、高い水準の検査が保証されているといえます。無認可の場合は費用が安く済むこともありますが、認定施設なら遺伝カウンセリングを受けられるうえ、羊水検査が無料で受けられるメリットもあります。

ただし、年齢制限などのハードルが高いので、誰でも受けられるとは限りません。35歳以上であれば検査できますが、検査の申し込みには医師からの紹介状が必要なので、検査まで少しハードルが高いかもしれません。35歳未満の場合は認定施設を利用することが難しいかもしれません。

無認可の施設を利用する際には、とくに医師の専門的な知識などが重要です。日本産科婦人科学会のお墨付きがなくても優秀なスタッフがそろっている医療機関もあります。費用は安いかもしれませんが、陽性になった際に羊水検査の費用を別途用意する必要があるので、その部分も考慮して選んでください。

できれば認定施設の方がよいですが、条件に合わない場合は無認可施設の利用も考えましょう。実績が多く、スタッフが専門的な知識を豊富に持っているのであれば、陽性の結果が出たときも安心できるかもしれません。とくに無認可施設を利用する場合は、事前に詳しい内容について問い合わせることをおすすめします。

 

お腹の中の赤ちゃんの状態を知るためにも、愛知県で新型出生前診断を受けたいと思う方は多いはずです。新型出生前診断は、赤ちゃんの状態を知ることができる大切な検査です。しかし安いところやハードルが低い医療機関は、専門的な知識を持っている医師が担当しない可能性があります。そのため医師選びはとても重要で、時間をかけてでもしっかり調べましょう。

おすすめ関連記事

サイト内検索